Noteofkuma Archive

角田俊也の「風景と声」

耳を澄ましてサウンドアートの風景へ 展示ギャラリーには二つのスピーカーが向かい合わせで置かれ、左から子音の役割を果たす瞬間的な環境音、右からは母音の要素が出力され、その間で言葉のような音を存在させます。環境音は、遅れて出 […]

落合洋一の世界

未知への追及~それを私たちは区別しなくなる まったく不思議に思えてならないのは、デジタルと自然の共有は、身の回りに起きていることなのに、私たちは意図せずに生活していること。日本科学未来館で展示される、「計算機と自然、計算 […]

篠田桃江 夜のいろ

ここでは、「篠田桃江 夜のいろ」と題し、岐阜現代美術館内で開催される展覧会を紹介します。 墨と和紙が織りなすモノクロの表現 墨で自由に描く「水墨抽象画」を確立し、真の美を探求し続ける女流美術家、篠田桃江氏。墨とともに10 […]

式場隆三郎:脳室反射鏡

芸術家を守った優しさと愛着あふれる精神科医 精神科医の傍ら多彩な文化活動に携わった式場隆三郎による、作品と資料約200点を公開する展覧会が広島現代美術館で開催されました。可視(科学)と不可視(芸術)の両極を往来する特異な […]

大竹寛子「多面体」

彩りが導く心の安定 「流動的な瞬間の中にある恒常性を」をテーマに、多種多様の側面がスぺースごとに展示され、今回は初めてオブジェや装置などを置き、空間全体を体験できるインスタレ-ションもアプローチしています。恒常性が保たれ […]

ダニエル・ビュレンの真髄

ビュレンは1960年代の廃退したパリの道端やメトロに、パブリックアート活動「無秩序の張り紙」を行った芸術家です。 ビデオ「コーヒー・ブレイク(1996)」展 あっと驚かせるような発想は会議中より、カフェでコーヒーを飲みな […]

アートへの探求

ウェブサイト「アートへの探求」へ ようこそ! このウェブサイトは、現代の注目アーティストやその作品およびギャラリーを紹介しています。落合陽一のメディアアートや、福原志保率いるアート集団のバイオアート、絵画や珍しいサウンド […]